<?php the_title(); ?>

うんざり

うんざりこの事を言えば、友達はきっと
「また喧嘩したの!?」
とあきれ返ることだろう・・・と思っていました。

彼と私はよく喧嘩をしていました。
家が近かったので、半分同棲生活のような状態にあったので
顔をあわせる分、喧嘩が多かったのでしょうか?(苦笑)
それにしても、他愛ない理由でついつい言い過ぎてしまう私たちは
全く成長が無い関係をつつけている気もしていましたし、
私自身に対しても、彼に対しても腹立たしさを感じるようになって居ました。

喧嘩をするどころか、彼と一緒に居ることそのものに「うんざり」
という感情を抱き始めた時、自然と彼との時間が減っていきました。

それが別れたいと言う自分の意思なのか
それとも距離を置きたい気持ちの表れなのかは分かりませんでしたが。

そんな私ですが、1人で家の中でくつろいでいるときに
ふと目に留まった彼の私物を見て思ったのです。
うんざりって思ってたけど、その感情さえ、私たちの恋愛の今に必要なことなのではないか」と。
そう、うんざりさえ必要な感情だと受け止めることが出来たのです。
それが私の心を再び浮上させてくれるキッカケとなりました。

それからは、再び彼と会うようになり
仲良くしたり、笑ったり・・・時には相変わらず喧嘩をしたりしながらの関係を続けて行くことが出来ました。

ページ上部に